アフィリエイト初心者に伝えたいアフィリエイトの本質とやり方 – 教材買うくらいなら記事書け

アフィリエイトを始めてはや5ヵ月が経ちました。

今まで作った新規サイトは70個。

サテライト用として作った中古ドメインのサイトは130個。

どんだけ作ったんだと思いつつも、沢山の経験値を得ることができたので、後悔はしていません。

 

見ているあなた、ラッキーですよ!

私が初心者なりに体験した事をまとめるので、同じ過ちを繰り返さなくて済みます。

具体的に過ちを羅列すると、以下のようなものが当てはまりますね。

 

□何をしていいか分からなくて、手が止まってしまった

□サイトを何個も作っては、放置してしまった

□デザインに凝り過ぎて、全然先に進まない

□ネット上に転がっている情報を鵜呑みにしてしまって、一貫性のない事をやり続けた

 

誰もが通る道ですね。

アフィリエイトで報酬を得ようとえっちゃこっちゃして、無駄な時間が過ぎてしまうというものです。

もちろん、私も5ヵ月間、無駄な作業をしたりとか、無駄な試行錯誤をしてきました。

そして今のような知識や経験を身に着けられたので、悪いとは思っていません。

 

ただし、誰かが重要な事を教えてくれていたら、もっと真っ直ぐに作業が出来たなー。

自分を信じることが出来て、愚直にサイト作りに没頭出来たのになー。

 

こう思います。

 

あなたがこの記事を見てくれているので、あなたはラッキーですよ。

時短になりますからね、迷う時間が作業に当てられます。

 

ただし、この記事は、私が体験したことを元にした、メモ帳みたいなものなので、鵜呑みにはしないで下さい。

それと、分からない単語などが出てきたら、しっかりと自分で調べて下さいね。

 

アフィリエイトで報酬を得るための重要なこと

□ひたすら記事を書く

□デザインはアクセスが増えてきてから

□沢山サイトを作ってもいいが、月1回は更新すること

□自演リンク無しのホワイトサイトでいくなら、ドメインパワーが上がらないと検索から人は来ない

□ニッチなキーワードで攻めるなら、ドメインパワーはいらないので、ホワイトでも上がる

□ミドルキーワード以上なら、早い成果が欲しければ自演リンクの必要がある

□ドメインパワーが低ければ、ブラックSEOでもホワイトSEOでも、どちらでも違いはない

 

こんな所ですね。

一つずつ説明していきます。

 

□ひたすら記事を書く

記事を書くってしんどいですよね。

ジャンルを固定するか、1ドメインの中に多数のジャンルを入れるか。

そんなのは自分のやりたいようにやればいいと思います。

間違いが少ないのは、1サイト毎にジャンルを絞るやり方です。

デザインとかタイトルとか構成とか、色々と迷う事はあると思います。

でも、クリック率とか色々細かい事を考える前に、記事を書けって事です。

記事を書かないとアクセスはありませんし、ドメインパワーも上がりません。

アクセスがないと、売上に繋がるような細かい調整も出来ませんし、どんなキーワードで検索してくれているのかの、データすら出ません。

記事を書かなければ、何も始まらないんですよ。

記事数、文字数が少なければ、サイトのパワーがつかないので、自演リンクを送っても、評価されません。

リンクを打つ予定であっても、しばらくは記事数を増やして、ドメインパワーが上がるのを待たなければならないんです。

サイトの器が小さいと、ホワイトでもブラックでも上がらないんですね。

記事を書く事で、サイトの可能性は無限に広がっていきます。

しょうもない事に悩むぐらいなら、その時間をひたすら記事を書くことに使ったほうが、確実に有意義です。

 

□デザインはアクセスが増えてから

デザインというのは、アクセスあってこその話だよという事です。

アクセスがないのにデザインに凝るのは、確実にサイトを上位表示させられる自信がある、経験者だけです。

初心者のうちは、まずアクセスを得るための記事を書いて下さい。

労力に見合った成果は、まず出ませんからね、初心者の場合。

 

□沢山サイトを作ってもいいが、月1回は更新すること

記事を書けという所で少しお話しましたが、ドメインパワーを上げるには、更新が大事です。

グーグルさんは、沢山のサイトを評価しています。

内容を差別化するとか、デザインを差別化するとか、色々効果があることは多いですが、まず更新です。

サイトが無数にある中では、更新頻度が差別化に繋がるので、更新するだけで評価されます。

というか、記事を追加したり修正したり、更新していかないと、サイトのドメインパワーは上がらない仕様です。

記事を50個追加して、自演リンクを300本送っても、あるキーワードでは10位までしか順位が上がらないかもしれません。

じゃあどうするかというと、ドメインパワーを上げる努力が必要なんです。

つまり更新するって事は、上位表示に必要不可欠なわけですね。

ホワイトサイトであれば、自演リンクは打たないので、余計に更新が必要になります。

月500万円稼いでいるブラック手法を用いているアフィリエイターでも、更新の重要性は知っているので、1ヵ月以上サイトを放置する人はいませんよ、ほんとに。

 

□自演リンク無しのホワイトサイトでいくなら、ドメインパワーが上がらないと検索から人は来ない

例えば記事数10個、文字数2万文字、サイト開設から4ヵ月。

ある程度時間がたってドメインパワーは上がっています。

その時点のサイトで自演リンクの力を100受け入れるパワーがあったとすれば、自演リンクを打つことで、100まではパワーが上がります。

その先もっと順位を上げたかったら、ドメインパワーを上げるために、再度更新していかないといけないって事ですね。

ブラックの場合は自演リンクを打てるので、ドメインパワーが低くても、上位表示が可能になります。

もちろんビッグワードでは無理でしょうけど、複合ミドルくらいなら、もしかしたら1位になるかもしれないレベルです。

じゃあホワイトハットならどうなる?って事です。

自演リンクを打たないのであれば、ドメインパワーだけで順位を上げるならば、記事数も文字数も、期間も沢山必要になりますよね。

ブラックハットでなら記事数10個、文字数2万文字、サイト開設から4ヵ月でよかったものが、ホワイトなら全て倍は必要なんてことはザラです。

体感的には3倍は必要かと思います。

もちろんアクセスの有無とか滞在時間とか内部リンクとか、色々な指標があって結果が出るので、一概には言えませんが、それくらいホワイトハットではドメインパワーが重要になるわけです。

 

□ニッチなキーワードで攻めるなら、ドメインパワーはいらないので、ホワイトでも上がる

もうこれは言わなくても分かるんじゃないでしょうか?

検索順位は、他サイトとの相対評価によって決まるので、ライバルが弱ければ、雑魚いサイトでも上位表示が可能です。

つまり、小さなホワイト手法で作っているサイトでも、少しのドメインパワーがつけば上がってくれるというわけです。

ただし、これは自分の経験がないと、キーワードが小さいか、ライバルサイトがどのくらいかという事が分からないので、とりあえずは記事数を増やす努力を怠らないことが大事ですけどね。

ニッチキーワード目当てでサイトを作成して、2ヵ月たっても上がらなければ、記事を増やすかリンクを充てるか、そのような判断をして下さい。

 

□ミドルキーワード以上なら、早い成果が欲しければ自演リンクの必要がある

これも言わなくても、もう分かりますよね。

ドメインパワーのみで上位表示を目指すホワイトハットならば、記事を書く労力と、時間が絶対に必要です。

アクセスが呼べる良質な記事を書けるアフィリエイターさんでも、上位表示までに1年半かかっているという事実があります。

早期に上げたいなら、自演リンクは必要不可欠ですね。

まあ圏外にペナルティを受けて吹っ飛ぶリスクがあるので、資産性という点では悩まされますが。。。

 

□ドメインパワーが低ければ、ブラックSEOでもホワイトSEOでも、どちらでも違いはない

ざっくり言うとこうなります。

ドメインパワーが極端に低い場合、例えば新規ドメインで新規サイトを作った場合は、どの手法をとっても違いはありません。

裏技的なものに、SNSで拡散されて、アクセスが初めからがっつり来るというものがありますが、例外ですね。

新規ドメインで作成された新規サイトは、アクセスが基本的にはないので、ドメインパワーは0に等しいです。

なのでその時期に中古ドメインから自演リンクを打っても、評価されないので、順位はほとんど上がりません。

ドメインパワーが低い場合は、無駄な小手先に頼らずに、待つか記事をぶち込むかのどちらかって事です、はい。

 

 

いかがでしたでしょうか?

一つずつ説明したので、この記事の文字数が3500文字を超えてしまいました(笑)

3000円くらいで売れるような、情報商材みたいになりましたね(笑)

 

5ヵ月でこのような自分なりの指針が出来たので、無駄な作業をしてしまったけれど、良かったなと思います。

そして、この記事を見ているあなたは、ラッキーですね。

 

自分で体感しないと、自分の中に経験として腑に落ちることはありませんが、間違いは犯さなくて済みますよね。

悩んでいる時間が勿体ないので、しっかりとこの記事を読み込んで、自分を信じて記事を書いてもらいたいと思います。

 

作業を継続していけば、サイトがデータをくれます。

どんなタイトルでどんなサイトで、どんな状況でどんなライバルで。

どんなパターンで上位表示できたのか、検索クエリはどんなものがあるのか。

 

色々と学べます、だからこそ、まずは記事を書いて下さい。

応援してます、ちなみに私が今上げようとしているサイトは下記のものです(笑)

 

Ittele